申請取次キーワードの記事一覧

要件が満たされれば在留資格認定証明書申請は必ず許可されるか?

条件に適合しているのならば、適切に日本語で立証すれば在留資格認定証明は許可されます。


行政書士  (更新日:2020年07月24日)

どんな仕事が技術・人文知識・国際業務か?

「技術・人文知識・国際業務」はとても業務範囲が広い在留資格なので、専門性と予定業務の関連性を丁寧に説明すれば要件に合致することが多いです。

 


行政書士  (更新日:2020年07月23日)

技術・人文知識・国際業務か、企業内転勤か?

学歴要件や実務要件が満たされるならば「技術・人文知識・国際業務」がいいと思います。そうでない場合、「企業内転勤」を検討してみましょう。

 


行政書士  (更新日:2020年07月22日)

経営・管理 こんな事業で大丈夫?

事業そのものに関する基準は幾つかありますが、結局継続的に利益を出せる事業であることが色々な意味で重要です。

 


行政書士  (更新日:2020年07月20日)

これは短期滞在?

短期間の滞在であり、実質的に日本の事業体から報酬を得ることがない活動は概ね大丈夫です。


行政書士  (更新日:2020年07月19日)

永住許可について整理

必要書類

・申請書
・写真(16歳未満の方は,写真の提出不要)
・立証資料 今の在留資格によりそれぞれ違う、
  「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」、「定住者」、就労関係の在留資格、「家族滞在」,「高度人材外国人」
・在留カードを提示
・資格外活動許可書を提示(同許可書の交付を受けている者に限ります。)
・旅券又は在留資格証明書を提示
 


行政書士  (更新日:2020年07月16日)

永住許可申請の永住が日本国の利益となるとは?

法令を遵守し継続的に居住されている外国人の方は、永住が日本国の利益に合すると認められます。


行政書士  (更新日:2020年07月16日)

「申請取次」なぜ、行政書士が代行できるか?

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類の作成することが可能で、申請取次制度によって提出の代行が認められているから。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

出入国管理及び難民認定法関係の手続代理人とは?

在留資格認定証明書交付申請は、受け入れようとする機関の職員でも申請できる。
在留期間更新許可申請は、機関の職員は代理申請は不可。申請取次者か本人か法定代理人。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)