外国人材キーワードの記事一覧

留学生の就職を支援する場合に考えることは?

日本人学生との差は、在留資格が許可されるか否かという点と、採用後の届け出に注意が必要です。


行政書士  (更新日:2019年04月08日)

海外在住の外国人を雇用する場合に考えることは?

それぞれの時期に応じて、段階的に考えましょう。


行政書士  (更新日:2019年04月06日)

「特定技能」なぜ、報酬額が日本人と同等以上必要か?

特定技能の在留資格の主旨が、人件費削減目的ではなく、素人の日本人よりも一定の専門性・技能を有した即戦力外国人に期待しため。

(中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため,生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において,一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築 することが目的のため。法務省HPより)


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

なぜ、外国人材にも労働保険が必要か?

労働基準法は、国籍で労働条件について差別的取り扱いを禁止しているから、外国人材にも労働保険が必要となる。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「特定技能」は仲介業者の不当搾取リスクを低減できるか?

不正をしていない客観的な証拠提示が仕組みとして導入されるからリスク低減できます。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「特定技能」は外国人のスキルアップを支援する仕組みか?

支援計画を義務付け、指導や助言などの支援責任者が選任されるので、スキルアップを支援する仕組み化されています。勿論、一般論ですが本人の努力も必要です。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「特定技能」は、特定技能雇用契約が必須か?

特定技能雇用契約の締結が在留資格の許可要件となっており必須です。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「特定技能」で日本人の雇用が奪われないのか?

在留資格の要件として、前職者をクビにしていないことを要求しており、特定技能制度自体で雇用が奪われることは考え難いです。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「 特定技能」は、問題のある雇用主企業を排除できるのか?

在留資格の要件として、受け入れ先企業自体が適切であることも要求し、在留資格を取得させない仕組みが構築されています。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

「特定技能」の外国人材、低い人件費が価値と思っていますか?

日本人を雇用した時より間接費用は多くなります。法で定めた支援費用は少なくとも会社負担です。それ以外の福利厚生的に提供するサービスで、外国人負担の場合内容を十分に理解して貰っていることが必要です。 「特定技能」は人件費削減ではなく人手不足対策ですのでご注意ください。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)

特定技能(宿泊)の外国人が必要なスキルとは?

日常会話程度の日本語能力と宿泊業技能測定試験を合格する程度の技能が必要とされます。


行政書士  (更新日:2019年04月05日)