「特定技能」は外国人のスキルアップを支援する仕組みか? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年03月16日 在留資格(ビザ) 行政書士

主に2つのスキルアップが望まれます。一つ目が日本語、2つ目が仕事の技能です。
(※生活の支援も計画には含まれます。)

  • 最初の支援。
    =>事前ガイダンスや生活オリエンテーションなど
  • 雇用後の支援。
    =>生活のための日本語習得の支援。日本人との交流の促進に係る支援。
  • フィードバック
    =>外国人からの相談・苦情対応。転職も可能に。

支援に責任をもつ、 支援責任者などを選任しなければ在留資格が得られない。

 

結論

支援計画を義務付け、指導や助言などの支援責任者が選任されるので、スキルアップを支援する仕組み化されています。勿論、一般論ですが本人の努力も必要です。

本記事に関して

関連サービスはこちら