「特定技能」は仲介業者の不当搾取リスクを低減できるか? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年03月16日 在留資格(ビザ) 行政書士

技能実習制度では、技能実習生の仲介業者の不当搾取が指摘されていました。そこで、特定技能では次の対策がとられる予定です。

  • 第三者にチェックされることで企業側に不正する気持ちを無くさせる。
  • チェック可能とするために、報酬を銀行振込みにする。
  • 賃金台帳の提出を求める。
  • 地方出入国在留管理局と労働基準監督庁がチェックする。

yuki-b4small

結論

不正をしていない客観的な証拠提示が仕組みとして導入されるからリスク低減できます。

本記事に関して

関連サービスはこちら