特定技能(宿泊)の外国人が必要なスキルとは? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年03月25日 在留資格(ビザ) 行政書士

日本のインバウンド政策や、東京オリンピックを控えてアジア各国からの観光客も増えることで、全体的に宿泊施設の外国人割合が増えているようです。そのため、宿泊施設等で外国人を雇用したい需要が増えています。

「特定技能」(宿泊)の在留資格は、単純労働が認められますので、フロント,企画・広報,接客及び レストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る様々な業務を担うことができます。

では、「特定技能」(宿泊)の在留資格を取得するために必要な、外国人自身が必要なスキルとは何でしょうか?

以上となります。

結論

日常会話程度の日本語能力と宿泊業技能測定試験を合格する程度の技能が必要とされます。

本記事に関して

関連サービスはこちら