「 特定技能」は、問題のある雇用主企業を排除できるのか? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年03月16日 在留資格(ビザ) 行政書士

外国人技能実習生の失踪の理由の一つとして、受け入れ先企業とのトラブルがあった。トラブルの内容として、過酷な労働環境、最低賃金などある。
これに対し特定技能制度は次の点を定めました。

  • 日本人と同等の賃金
  • 転職が可能(職業内容は同じ)
  • 日本人と同等の労働環境
  • 幾つかの必須雇用契約内容を法定化
  • 受け入れ先企業自体が適切か判断(例:5年以内に出入国・労働法令違反がない、1年以内に雇用する側の企業の責任で外国人の行方不明者を発生させていないなど)
  • 外国人を支援する体制あり
  • 外国人を支援する計画が適切

結論

在留資格の要件として、受け入れ先企業自体が適切であることも要求し、在留資格を取得させない仕組みが構築されています。

本記事に関して

関連サービスはこちら