「特定技能」で日本人の雇用が奪われないのか? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年03月16日 在留資格(ビザ) 行政書士

  • 特定技能の制度は労働者不足対策である。
  • 労働者が増えることが前提である。
  • 既存の労働者の入れ替えでは意味がない。

そこで、「特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令」(出入国管理及び難民認定法第二条の五 3項)で、前職者をクビにして、特定技能の外国人を雇用することを禁止しています。

結論

在留資格の要件として、前職者をクビにしていないことを要求しており、特定技能制度自体で雇用が奪われることは考え難いです。

本記事に関して

関連サービスはこちら