「特定技能」なぜ、報酬額が日本人と同等以上必要か? | 在留資格(ビザ)

説明 2019年02月07日 在留資格(ビザ) 行政書士

  • 特定業種の労働者不足を補うため。
    (生産性向上や国内人材確保のための取組を行ってもなお,人材を確保することが困難な 状況にあるため,外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野(特定産業 分野) 法務省HPより)
  • 技能実習制度とは違い、技術移転が目的の生徒ではく労働者として請けいれるから。

結論

特定技能の在留資格の主旨が、人件費削減目的ではなく、素人の日本人よりも一定の専門性・技能を有した即戦力外国人に期待しため。

(中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため,生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において,一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築 することが目的のため。法務省HPより)

本記事に関して

関連サービスはこちら